シニア世代・50歳代の女性会員様からのご相談。
「私、メールやLINEが苦手なんです。」

状況説明としましては、彼女はカップリングしてデートの当日、男性会員様と電話番号とメールアドレスを交換したそうです。
彼女はメールに親しんでいないので、男性会員様とのやり取りがメールなので少し戸惑っていらっしゃるとのこと。
男性のほうからメールが1日何回も来て、それに対して彼女のお気持ちが追いついていかない感じです。

「最近スマホに換えて、知らないうちに変な画面になっちゃうんです。
だから、メールを返さなきゃと思うと、とても疲れてしまうんです。
きちんと間違いがないか画面を見ていると1日メールに追いかけられている感じで、お付き合いに疲れました。」

彼女いわく「これが電話や実際に顔を合わせてのお話ならば、やり取りがあって話しやすいし、言葉が持つ微妙なニュアンスも伝わるでしょう?でもそれがメールの文字だけだと、気持ちが伝わりづらいのよね。小説家じゃないから、そこまでの文才もないし…。」
彼女はいろいろと考えたうえで、今回はお相手男性に交際をご辞退をすることを選択されました。

このお話を聞いて改めて「文字のやり取りには特有の難しさがあるな」と思いました。
あとシニア世代の機械苦手意識の問題。

直接のやり取りであれば、お相手の反応を見ながら会話ができますからスムーズなわけですが、メールやLINEはそこが難しい。昔の紙の手紙であれば手間がかかる分「推敲」しながら文章を書くことができますが、パソコンやスマホの普及により、書く(というか「打つ」)ことがどんどん気軽にできるようになってきていますから、彼女のように真面目で機械慣れしていない方は、一挙に気疲れしてしまうのです。

大切なのは「いきなり長い文書を打たなくてもいい、短くていいから、まず慣れましょう。」です。
「お早うございます。今日も良い一日で元気にお過ごしくださいね。」
「こんにちは、今日は蒸し暑いですね。またお目にかかるのが楽しみです。」
「こんばんは、メールありがとうございます。良い夢が見れますように、おやすみなさい。」

慣れていないのならメールやLINEであまり余計なことをお話しないくらいに考えておくといいと思います。
無駄話を含め、直接会った時に会話を楽しむ。

最近はシニア世代を意識して、買ったお店で「無料講習」も行っていますし、手軽な参加費で受けれる「教室」も多く見かけるようになりました。
誰でも最初は「触るのが怖い」し「分からない所が分からない」です。「変な画面が出てきて前のと変っちゃった」なんてフツ―にあります。
でも出来るようになると世界が広がるのも事実です。
お相手と食事した時にお互いの携帯で写真を撮りあって後で交換するとか、LINEで音の出るスタンプを送ったり、デートするお店の情報を共有できたら
出来る自分が嬉しくなるし、知らなかったことを覚えて使える知性の習得本能が発揮できるのです。

こうしてひとつずつ積み木を積み上げて、コミュニケーションを重ねながら活動をしていきましょう。
もしあなたがSNSが苦手なら、私とメールして練習しましょう。LINE交換しましょう。使えば慣れます!出来ます!
コーディネーターがしっかりとあなたをサポートさせていただきます。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
50歳代の女性恋活・婚活・恋人・事実婚・お茶飲み・趣味友・飲み友探し
無料登録15分で活動スタートできます。
まずは登録ご予約をお待ちしています。
お問い合わせ▶☏ 04-7181-1150 担当携帯▶080-3548-1628
▶WEB問合せ chibakoikatsudate.jp/contact
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲